無料ブログサービスの使い方について


by urourokk

スマホとパソコン

ビデオリサーチのプレスリリースを見たら、スマホとパソコンの割合について興味深い調査結果が載っていました。それによると、PCでインターネットをしているユーザーのスマホ所有率は、全体で34.7%とのことです。最近では、モバイル高速データ通信や格安SIMの人気で、スマホの普及率が高くなっています。



スマホユーザーはPCも所有

これの意味するところは、最近、ブログやホームページでアクセス解析をチェックしているとスマホの割合が数年前よりもかなり上昇しているわけですが、その多くがPCでもネットをやっているユーザーである、ということのようです。

若い世代が多い

また、スマホからブログやホームページにアクセスする人は、若い世代が多い、ということも考えられます。思った以上にスマホの所有者が増えていることがわかります。

スマホとパソコンの比率

以前、自分のサイトで、スマホとパソコンの比率を調べたら、スマホが20%以上あったので、このデータも納得できるように思います。ただ、ネットで買い物をするユーザーの割合は、PCのほうが多いようです。
※この記事を書いた2012年時点では、まだスマホの割合はそれほどではありませんでしたが、2014年現在では、当時よりも割合は増えています。

関連記事

インターネットを利用できる「高速データ通信」は、イーモバイルとソフトバンクモバイルの2社が人気となっています。モバイル高速データ通信以外にも、最近は格安SIMが話題となっています。
前回投稿:2012/9/21
[PR]
by urourokk | 2014-06-07 20:33 | 高速データ通信